従三位

全て 名詞
2,056 の例文 (0.01 秒)
  • 三条西家は、家督は孫の実教さねのりが継いでおり、従三位参議に任じられていた。 ...
  • 本来は従三位以上の者でなければ、清涼殿に上がることは出来ない。 ...
  • 女御にもできなかったことを後悔した帝により、従三位を追贈された。 ...
  • これにより、勲二等が従三位に相当することから、卒去から薨去となる。 ...
  • しかし、兼家は従三位に達し、更に中納言就任直後までその職に留まった。 ...
  • ただし、道長は、従三位左京大夫からの昇進であり、中将は経ていない。 ...
  • 同年中に従三位・権中納言を拝命し、さらに左中将に任じられている。
  • 定方の父は藤原高藤たかふじといい、従三位じゆさんみとして内大臣にまでのぼった人である。 ...
  • 戦国時代に入ると政則が従三位に昇進するなど全盛期を迎えた。 ...
  • ずいぶん老人なんですが、従三位になって、なお末長く藩主であろうと思っているのですね。 ...
  • 当時、従三位で権大納言に任ぜられたのは足利将軍家だけである。 ...
  • このことから従三位・中納言に昇叙・任官していたことが分かる。 ...
  • 平清盛から信頼され、晩年には武士としては破格の従三位に昇り公卿に列した。 ...
  • 長暦元年10月23日には僅か13歳で従三位に叙され三位中将となった。 ...
  • 俊通の子である資直が従三位となり昇殿を許されて以後、堂上家の一員となる。 ...
  • 従三位に叙されて三位内侍、また院号宣下を受けて新待賢門院と呼ばれた。 ...
  • 同年神祇大副に転じ、平治元年には従三位に叙せられて公卿に列した。 ...
  • 次へ