後年述懐

25 の例文 (0.00 秒)
  • 浜村が後年述懐したところによれば、この前夜祭での司会が、後の人生を大きく変えたという。 ...
  • 自身の感受性やメンタリティーはインディオと変わらなかったと後年述懐している。 ...
  • 膵炎の原因は根本として若浪の付き人を務めていた頃に酒を飲み過ぎたことにあり、若浪自身もそれを後年述懐していた。 ...
  • 安任もいつ処刑されるかわからなかったが、有力な友人たちの口添えで助かった、と後年述懐している。 ...
  • この時の恥かしさは今に忘れられないと、供の一人であった山田昌巌しようがんが、後年述懐じゆつかいしている。 ...
  • 従軍当時の教官から「学生のくせに名前がチュウジョウとは何事か」と理不尽な説教をされたことがあると後年述懐している。
  • ブイエはその翌年一八六九年に死んだが、母親は「もしブイエさんが生きていらしたら、ギを詩人になさったかもしれない」と後年述懐している。 ...
  • 実は1973年9月場所が始まる数日前、一進一退で中々出世できないことに見込みがないと感じて家族に廃業を決意していることを明かしており、もしその9月場所で優勝しなかったらそのまま廃業していたとのことであり、自分がこれほどの力を発揮できたのは辞めると決めて吹っ切れていたためであると後年述懐している。 ...
  • 田丸が後年述懐したところによれば、NHK大阪放送局でアナウンサーの採用試験を受けた後に、同局の人事担当者から電話を通じて「あなたと一緒に仕事をさせていただきたい」という言葉で採用の内定を告げられたことが決め手になったという。 ...
  • 後年述懐しているが、彼は、四年間、四国をぐるぐる扮装のみ変えて周環していたのである。 ...
  • 「もしブイエさんが生きていらしたら、子供を詩人になすったかも知れません」と母親は後年述懐しているが、それほどブイエの力の入れ方はすさまじかった。 ...
  • 後年述懐したところによれば、入団当初の二軍内野守備コーチだった永尾泰憲からは、野球の技術以上に社会人としての言葉遣いや礼儀を厳しく教え込まれたという。
  • これに対して平塚も中央公論誌上で反駁したが、一方で市川房枝は、「実のところ私はこの方にはあまり関心がなかった」と、後年述懐している。 ...
  • だが、岩村自身も後年述懐しているように、悲しいかな、この土佐の山猿青年は、河井の何者なるやなど、ついになにも知らなかったのである。 ...
  • アレクセイ・レオーノフが後年述懐したところによると、あるパーティーの晩にアンキエフがポケットから車の鍵を盗まれたが、泥棒は通行人をひき殺してしまい、罪を逃れるために彼のポケットに鍵を戻した。 ...
  • 松永が後年述懐したところによれば、田島を視察していた3人のスカウトが、「実力は松永の方が上」という評価を本田に伝えていたという。 ...
  • このため、当時近鉄の監督だった西本幸雄は、当時球団オーナーだった佐伯勇に、「花園に近鉄で球場を造って、本拠地にしたらどうでしょうか」と進言したところ、「いくらかかると思っているんだ」と建設費用の問題で単独での実施は困難として断られたことを後年述懐している。 ...
  • 次へ