後に述懐

14 の例文 (0.00 秒)
  • 三家が後に述懐したところによれば、この体験で「お金を大事に使う難しさが分かった」という。 ...
  • マーリーは、この映画のくだらなさに上映中ずっと笑っていたことを後に述懐した。 ...
  • このときに経験した日本軍の兵営生活について蔣介石は、中国にあっても軍事教育の根幹にならなければならないと後に述懐した。 ...
  • 彼の息子たちの多くが後に述懐しているように、ジョーは仕事等によるストレスを発散させようと、しつけと称して彼らを虐待していたという。 ...
  • 奥村が後に述懐したところによれば、2013年に短答式・論文式試験とも合格へ至ったのは、このような変更が功を奏したことが大きいとされる。 ...
  • 本人が後に述懐したところによれば、当時チームに在籍していた渡辺雄貴の自主トレーニング中にキャッチボールの相手を務めたところ、現役時代から悩まされてきた左肩の痛みが癒えていたことに気付いたという。 ...
  • たかじんが後に述懐したところによれば、上昇機運をつかんだことを実感したのは、『聞けば効くほどやしきたかじん』のパーソナリティを務めていた時期だったという。 ...
  • 手広く行なってきた学園事業の労働争議の処理には実に半年を要し、良信がこれまで聖業と考え、戦後は復興に奔走し続けてきた学校経営に一時幻滅し、外遊は自身の怒りを鎮める意味もあったことを後に述懐している。 ...
  • 女優ルイーズ・ブルックスは、映画会社側がトーキーへの適性を口実にして大スターに支払うギャランティを下げ、いやなら辞めろという態度で俳優たちに迫ったという面もあると後に述懐している。 ...
  • 土井が後に述懐したところによれば、「肉離れを起こしたことで、野球選手として初めて絶望感を味わった」という。 ...
  • 松永が後に述懐したところによれば、「左打ちの練習を始めたそもそもの目的は、右打ちの欠点を住友の発案で修正するためだったはず」とのことで、「翌の春季二軍高知キャンプ中に右打席だけで打撃練習に臨んでいたところ、住友から『何で左で打たんのや』と言われて納得がいかなかった」という。 ...
  • また、鈴木武幸によると「過去最高の制作費を投入」した作品であり、「凶と出たら、2度と特撮の新ヒーローは生み出せないほど」の予算額だったことを後に述懐している。 ...
  • ボールトが後に述懐したところによると、トイは『水星』の中で金管楽器がホ短調と嬰ト短調の和音を同時に奏するある小節について異議を唱えたという。 ...