役務提供

34 の例文 (0.00 秒)
  • 事業者間の費用や役務提供の分担方法についても議論がある。 ...
  • 前払費用は、このような役務提供契約以外の契約等による前払金とは区別しなければならない。 ...
  • 運営会社との契約は、前者の場合売買契約となり、後者の場合役務提供契約となる。 ...
  • 政令では以下のものを特定継続役務に指定し、次の6種類の役務提供契約又は権利販売契約が対象とされている。 ...
  • 販売業者又は役務提供事業者が資料を提出しないときは、不実告知をしたとみなされる。 ...
  • 主務大臣は、誇大広告か否かを判断するため必要があると認めるときは、その広告表示をした役務提供事業者又は販売業者に対し、期間を定めて当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。 ...
  • 例外であり、工事進行基準や収穫基準、継続的役務提供における時間基準などがこれにあたる。 ...
  • 広告表示をした役務提供事業者又は販売業者が、資料を提出しないときは、誇大広告とみなされる。 ...
  • 騙り商法とは、販売員が職業を騙ったり、職業を暗示させるような言動や服装を用いて、商品を販売したり役務提供契約を締結することをいう。 ...
  • 役務提供事業者又は販売業者は、誇大広告をしてはならない。 ...
  • 告知をした役務提供事業者又は販売業者が、資料を提出しないときは、不実告知をしたとみなされる。 ...
  • 主務大臣は、不実告知をしたか否かを判断するため必要があると認めるときは、販売業者又は役務提供事業者に対し、期間を定めて、その告知した事項の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。 ...
  • 上位者がその下部が行った商品流通又は役務提供の成果の一部を受け取る仕組みを持つのが一般的だが、勧誘や販売の実績等で、報奨金の増減や加入者のランクが変動する仕組みを取り入れている所も多い。 ...
  • 販売業者又は役務提供事業者は、契約申込みを受けたとき、又は契約を締結したときは、その契約に関する書面を交付しなければならない。 ...
  • 主務大臣は、不実告知か否かを判断するため必要があると認めるときは、その告知を役務提供事業者又は販売業者に対し、期間を定めて当該告知の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。 ...
  • しかし、2016年改正以前は、無形資産の輸入・海外からの役務提供に対しては消費税が課されていないため、国外の事業者は消費税相当額を自らの利益とすることができるか、あるいは値引きの原資とすることで国内事業者との差別化を図ることができた。 ...
  • 販売業者又は役務提供事業者は、<訪問販売>をしようとするときは、その相手方に対し、勧誘を受ける意思があることを確認するよう努めなければならない。 ...
  • 次へ