役務大隊

5 の例文 (0.00 秒)
  • 一つはキャンプ座間に本部を置いていた日本通信役務大隊で、アメリカ極東陸軍の下で国内の陸軍施設間を繋ぐ通常の通信任務を担当していた。 ...
  • もう一方の極東軍通信役務大隊は、陸・海・空三軍の統合軍だったアメリカ極東軍司令部に関する通信や、ACANの運用を中心とした海外との長距離通信を主に担当しており、1955年には部隊の名称を「信号海外通信大隊」に変更した。 ...
  • このような背景から、日本通信役務大隊と信号海外通信大隊は合併し、通信任務全般を管轄する「在日米陸軍信号通信局」を編成してキャンプ座間に本部を置いた。 ...
  • これは、当時の使用部隊だった極東軍通信役務大隊の前身、第71通信役務大隊が朝鮮戦線に派遣された際、航空機の事故によって約20名の隊員が死亡したことを悼み、犠牲者の一人、チャールズ・R・トムリンソン少尉に因んで名付けられた。 ...
  • 当時、第71通信役務大隊の本部が置かれていたハーディー・バラックスも、この事故の犠牲者であるエルマー・ハーディー伍長に因んで名付けられている。 ...