影が薄い

全て 名詞
90 の例文 (0.01 秒)
  • 他の動物の場合、父親の存在はまったく影が薄いからね、母親と違って。 ...
  • ただの影が薄いやつと言えばそれまでなのだろうけど。 ...
  • 昨日は男衆に隠れて影が薄いように感じた女性たちもこの場では明るく活気がある。 ...
  • 何しろ、この叔母の前では、昼間の月のごとく影が薄い人なのである。
  • で、「陰ひなたのない人」というのは、往々にして影が薄いものである。 ...
  • かろうじて白い布に観葉植物の影が薄い緑に映っているだけである。 ...
  • しかし父が存命し、武将として弟の貞世の方が優れていたため、影が薄い存在であった。 ...
  • その姿はどこか影が薄いようにも思えた。
  • 世界という衣装を、その中心に座してまとうには、あまりにも影が薄い。
  • 物語の中心的キャラクターではあるが、最近は出番が少なくやや影が薄いようである。 ...
  • もちろん男性もいるのだが、何といっても影が薄い。 ...
  • これらの活動の前には、セントラル研究所での技術革新の胸おどる噂も影が薄い。 ...
  • 番組では一番影が薄いよゐこのうち、負けた方がレギュラーから追放されるというコーナー。 ...
  • 月は高いところに行ってしまい、地面の上には夜の植物の影が薄い月明かりに照らされてぼんやりと映っている。 ...
  • 花弁は白く、花びらが皺になっており、その影が薄い墨色のように見える。 ...
  • 廊下を軽く咳こみながらゆるゆると歩んでいくうしろ姿がどこやら影が薄い。 ...
  • 由利はいつも、姉が太陽なら月の役回りで、影が薄い存在だった。 ...
  • 次へ