当番法被

13 の例文 (0.00 秒)
  • 当番法被や水法被はそれぞれの町ごとに異なったデザインのものを着用する。 ...
  • 統一の当番法被と水法被を着用、締め込みは白と生成以外は禁止。 ...
  • 統一の当番法被と水法被を着用、締め込みは紺や黒が多く見られる。 ...
  • 当番法被や水法被はそれぞれの町ごとに異なったデザインのものを着用し、紺の久留米絣を用いた水法被が多い。 ...
  • 山舁き姿の時当番法被を着用するときは、水法被の上に当番法被を羽織ることになる。 ...
  • 水法被は白地に流や町の名を意匠化したデザインであり、町内によっては当番法被に似た久留米絣の水法被もある。 ...
  • 当番法被ステテコ姿の時は清潔を保ち、だらしない姿を戒められるものとされている。 ...
  • この当番法被ステテコ姿は6月1日から山笠終了まで背広と同等の正装とされ、結婚式など公式の場でもドレスコードとして着用が許されている。 ...
  • 山笠を舁いていない平時には当番法被を着用する。 ...
  • これらの衣服、物品は流、又は町内毎に決められており流、又は町内のロゴが入った当番法被、水法被、てのごいは厳重に管理されており一般に市販されることは有り得ずインターネットオークション等で外部の者に譲渡することは認められていない。 ...
  • 一般の人には「博多」のロゴ、又は木瓜紋が入った当番法被、水法被、ねじねじ、てっぽうが土産物として販売されている他、締め込み、舁き縄、等は舁き手と同じものが一般にも発売されている。 ...
  • 言わば当番法被=タキシード、水法被=ユニフォーム、てのごい=階級章、ねじねじ=腕章、てっぽう=指揮棒に該当する。 ...