当意即妙

全て 名詞
143 の例文 (0.01 秒)
  • 情感が豊かなことと当意即妙な知性では彼にかなうものはいませんでした。 ...
  • 自分では意識しないまま、当意即妙の受け答えというやつをしてしまったようだ。 ...
  • だが、ヤマトタケルは老人の当意即妙をめでて吾妻あずまの国の国造に命じた。 ...
  • また機知に富んだ人物であり、当意即妙な言動で周囲の人々を感銘させた。 ...
  • また季節による素材自体の変化に応じて、当意即妙に発想するのが料理だとも知らされた。 ...
  • 当意即妙、彼ほど面白おかしいせりふが次から次に出て来る人物を、私は他に知らない。 ...
  • これまで、とり乱したことのない機転をきかせて当意即妙な言い訳をした。 ...
  • 前もっていくら考えてもどうしようもない当意即妙の諧謔をいえといって要求される。 ...
  • 人にあやつられているだけの機械に、こんなに当意即妙のうけこたえが出来ると思いますか? ...
  • この返答は、人を食ったものだが、またいかにも、当意即妙に聞えたらしい。 ...
  • こういう危機にのぞんでの当意即妙の処理は、高杉でないとできない芸当である。 ...
  • 領主 嬢の美しさが銀の竪琴の音のようだとは、当意即妙の讃辞ほめことば ...
  • 狂歌は当意即妙を旨としてしばしば寒暖応答の辞に代へられたり。
  • 当意即妙に応答する才能に恵まれていなかったので、何も思いつかなかったからだ。 ...
  • 今の今まで、相手は当意即妙に応答していたのだ。 ...
  • 俺は我関せずといった具合に本を読み続ける長門の白皙はくせきの顔を見て、そんな当意即妙とういそくみょうに答えなくてもいいものを、と少しばかり思った。 ...
  • 禅はいかなるものも当意即妙に解釈してのけるのだから。 ...
  • 次へ