式三番叟

8 の例文 (0.00 秒)
  • 夕方、そこらを散歩する、芭蕉柳塚といふのがあつた、折からの天神祭で、式三番叟を何十年ぶりかで見た、今夜はきつと少年の日の夢を見るだらう! ...
  • このうち式三番叟と小倉色紙に出る役と、その二役は仙十郎が引きうけ、戻り籠に出る難波治郎作なにわじろさくの役は鶴松がすることになった。 ...
  • 舞台の演目は「式三番叟」であった。 ...
  • 「とうとうたらりたらりら たらりあがり ららりとう」 芝居の始めに演じられる『寿式三番叟』のおかしげな拍子が口をついて出てきた。 ...
  • 初日の演目は、壽式三番叟であった。 ...
  • なお、ご当地メロディとして、三越前駅では民謡「お江戸日本橋」、半蔵門駅では国立劇場の最寄り駅であることにちなんで、1番線では歌舞伎の黒御簾音楽の「てんつつ」、2番線では人形浄瑠璃文楽の「寿式三番叟」が採用された。 ...
  • 式三番叟しきさんばそう ...