平身低頭

全て 名詞
232 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は福島の旦那様の前へでも出たように、まず平身低頭の態度をとった。 ...
  • 結果はごらんのとおりでして、平身低頭してしまうのも当然なのです。 ...
  • 医師がすでに迎えにきていて、平身低頭して妻をつれて帰った。 ...
  • ロックに平身低頭する犬どもよりもロックを知っているのだ。 ...
  • そして物乞いと、平身低頭の下から、絶望的な怒りがくすぶりはじめた。 ...
  • 年の頃は小学校高学年と思われる等身大人形に、山崎は平身低頭していた。 ...
  • 私は泥棒の帯のあたりまでも平身低頭して言ったんですよ。
  • 五万円の運転資金を拝借しにいった十年前の、平身低頭する彼ではない。 ...
  • 見ている者でも不安なほど、平身低頭したままであった。 ...
  • ぼくはへへえーと平身低頭してこのお金を借り、建物を建てた。 ...
  • かれらは、感謝に満ちた驚きの嘆声をいくたびも発して、友忠の前に平身低頭した。 ...
  • 隙を見つけては、桐生が平身低頭して謝罪の言葉を繰り返し差し挟む。 ...
  • 「申しわけございません」 と正三君は平身低頭してつみを待つばかりだった。
  • 余は平身低頭すべきか、それともこれに抵抗すべきか。 ...
  • じぶんから順子を奪ってしまうようなことはしないでほしいと、平身低頭せんばかりなんだ。 ...
  • だからといって、平身低頭してあやまるのは、ぼくには耐えられなかった。 ...
  • ブルクスはかつてヘンドリック伯爵がそうしたように男の前で平身低頭している。 ...
  • 次へ