平生通り

10 の例文 (0.00 秒)
  • 両足が地面についていないから、力の伝導が平生通りにいかなかったのだ。 ...
  • 信長は平生通り工事の指揮をしていたのであって、遠来の客を迎える態勢を取ってはいなかった。 ...
  • さして感興も湧かなかったが、平生通り読書できたような気がした。 ...
  • が、何かの機会はずみで、平生いつも通りの打ち解けた遠慮のない気分が復活したので、その中に引き込まれた矢先、つい何の気もつかずに使ってしまったのである。 ...
  • 闇の中なので顔は見えないが、おそらく持前の銅像みたいな無表情に、平生通り何の変りもあるまい、と油戸杖五郎は思った。 ...
  • アメリカ人の体力についての考へ方はいつでも、前の日に八時間眠つたか、五時間眠つたか、平生通り食事をしたかどうか、寒かつたかどうかによつて、どれだけ体力を使つてさしつかへないかを計算するのであるが、この日本人の計算の仕方はそれとは正反対で、体力を蓄へることなんかは全然眼中に置いてゐない。 ...
  • あくる日少年は平生通り寄宿舎を出た。 ...
  • 弟子達の困憊こんぱい恐惶きょうこうとの間に在って孔子は独り気力少しもおとろえず、平生通り絃歌してまない。 ...
  • 招待状への返信だの列車の予約だのクラブ入会手続の更新だの、日常普通の取引だの病気のことだのコックの新規雇入れだの、そんなのはもちろん平生通りとする。 ...