平生着

9 の例文 (0.00 秒)
  • その妹は大きな模様のある被布ひふ平生ふだん着て、人形のように髪を切り下げていた。 ...
  • 遺骸いがいは白いぬので包んでその上に池辺君の平生ふだん着たらしい黒紋付くろもんつきが掛けてあった。 ...
  • そうすると平生着ふだんぎというものを持たない事になりますね。
  • ところへその嫂が兄の平生着ふだんぎを持って、芳江の手を引いて、例のごとく階段をあがって来た。 ...
  • 戸締とじまりをして夫のあとから入ってきたお延は寝巻ねまきの上へ平生着ふだんぎの羽織を引っかけたままそこへぺたりと坐った。 ...
  • 温泉ゆき以来、音も沙汰もしなかった伊奈子が、何と思ったかお化粧も何もしない平生着ふだんぎのまま、上等の葉巻きを一箱お土産に持って日暮れ方にヒョッコリと遣って来た。 ...
  • それは母がいつも寝床の上に置いて寝る平生着ふだんぎの帯締めで、紫色の打紐うちひもに、鉄の茄子なすが附いているのでした。 ...
  • アイヌ人でも美しい人は矢張り色が白く、濃い眉に深みのある瞳を持っていますから黒っぽいアイヌの平生着と、よく調和して、その背景になっている北海道の大自然と、アイヌはしっくりと合っていますから一層趣が深うございます。 ...