平生改組

4 の例文 (0.00 秒)
  • すなわち、一昨年来の美術騒動をそのままにしておいて、看板だけ塗り替えても事態は解決しない、松田・平生改組を白紙に戻してから事にあたるべきではなかったか、というのである。 ...
  • しかし、文部省の方は平生改組案を骨子に、決して諦めなかった。 ...
  • 直接のきっかけとなったのは、帝国美術院の松田改組で、翌年の平生改組につづく文展の終了後に具体化している。 ...
  • 前年の平生改組を不満として帝国美術院に辞表を出した十六会員のうち、梅原龍三郎、小林古径、安田靫彦、富本憲吉、横山大観、和田英作、川端龍子、平櫛田中、佐藤朝山に加えるに小杉放庵らが相次いで辞意を表明してきたからである。 ...