平生以上

9 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は前後の事情から、平生以上の重みをその内容に附着しなければならなかった。 ...
  • かれは前後の事情から、平生以上のおもみを其内容に附着しなければならなかつた。 ...
  • 心細い気をお覚えになって、仏勤めを平生以上にゆるみなくあそばす八の宮であった。 ...
  • しかし考えてみると用意してあった着物なども平生以上によくできていますし、そういう点では実にありがたい親切が見えるのです。 ...
  • その声が非常に可憐かれんであって、平生以上にも大姫君と似たこの人が薫の心に恋しくなり、次の言葉も口から出ずよりかかっていた柱の御簾の下から、静かに手を伸ばして夫人のそでをつかんだ。 ...
  • 五節の弟で若君にも丁寧に臣礼を取ってくる惟光の子に、ある日逢った若君は平生以上に親しく話してやったあとで言った。 ...
  • 恥ずかしく苦しくて、無気味で病気のようになっておいでになるのを、源氏は素知らぬふうで平生以上に親らしく世話などやいていた。 ...
  • これほどの幼い人をはばからず見せてくれた夫人の好意もうれしくて、平生以上にこまやかに話をしているうちに日が暮れたため、他で夜の刻をふかしてはならぬ境遇になったことも苦しく思い、薫は歎息をらしながら帰って行った。 ...