平生なら

31 の例文 (0.00 秒)
  • この人たちも平生ならばわたし等と同じ平凡な人間なんだね。 ...
  • 平生いつもなら彼はその電車に乗るのであったが、時間がないのですぐそこに来たえんタクに乗った。 ...
  • 平生ならば、これを見た者で鼻白まない者はないだろう。 ...
  • 自分は年輩から云っても性格から云っても、平生なら兄の説に手をげて賛成するはずであった。 ...
  • こう云う娘がこんな所にいようはずがないんだから、平生へいぜいならはっと驚く訳だが、この時はまるで何の感じもなかった。 ...
  • 平生なら一言いちごんもなく引下る所だが、今日はそうは行かない。 ...
  • 平生へいぜいならば、新聞を忠実に注意して見るかれのこととて、いろいろと話の種にしたり日記をつけておいたりするのであるが、このごろはそんなことはどうでもよかった。 ...
  • それゆえ、平生ならば議会も輿論よろんも大反対をなすべき経済組織の大変革が、今日はわけもなく着々と実現されて来た。 ...
  • はなはだ簡単な用向ようむきであるから平生ならばどうとも挨拶あいさつができるのだけれども、声量を全く失っていた当時の余には、それが非常の困難であった。 ...
  • 平生へいぜいなら、外套掛けにひっかけてある家じゅうのものの着物が、彼の眼をくのである。 ...
  • かういふ野卑な対話でも私は平生ならば幾分の興味を持つたであらうが其日はいつまでも聞いて居ることが出来なかつた。 ...
  • が、笑つちやあいけない、平生ならとてもこんなことが白面しらふで云へたもんぢやあないさ。
  • 学校も違ひ、年も違ひ、平生ならば通りいつぺんの、「何処そこの子供」である。 ...
  • 平生ならば、一杯といふ處なれど、鮨を食ひ、茶をのみてすます。 ...
  • 今度の狂言も、平生ならば、退屈紛らしの遊戯程度に解釈して、笑ってしまったかも知れない。 ...
  • そこで更に考えられることは、平生へいぜいならともあれ、あの大混乱の最中に身許みもと不明の彼女が、たとい邦原家の門前に落ちていたとしても、その兜をすぐに邦原家の品物と認めたというのが少しく不審である。 ...
  • だから平生ならなるべく労力を避けるため、拾いやすい所へ打ち落すはずであるが、この際は反対に出る。 ...
  • 次へ