平生どおり

10 の例文 (0.00 秒)
  • それは言い換えれば、彼が殺される直前まで平生どおりのパターンで行動していたということだ。 ...
  • テーブルと椅子、それにほとんどいつもテーブルの上にある酒のびんは、みな平生どおりの位置に立っている。 ...
  • そして村全体が平穏になり、私の心の状態も漸く落着いて、殆んど平生どおりになったと思えるような時分になってから、突然、その苦痛ははっきりした形をとり出して来たのである。 ...
  • 家々の戸口にだけは、はなやかな赤い紙が貼ってあるが、民衆は何も見えないような顔をして、わざと平生どおりに平生の仕事に精を出していた。 ...
  • そうなると、診療所の仕事は平生どおりにつづけるのだが、命令されないかぎりウォルターはベッドに寝そべって、じっと壁に見入るばかりである。 ...
  • そこで私たちは卓布を広げ、平生どおり飲み物を互いにみ交わしながら、ひとときのあいだ食事をしておりました。 ...
  • 李陵りりょうは全員を点呼して、被害状況を調べたのち、傷の一か所にすぎぬ者には平生どおり兵器をって闘わしめ、両創をこうむる者にもなお兵車を助けさしめ、三創にしてはじめてれんに乗せてたすけ運ぶことに決めた。 ...
  • 弟子たちの困憊こんぱい恐惶きようこうとの間にあって孔子はひとり気力少しも衰えず、平生どおり絃歌げんかしてまない。 ...
  • ミセス・ジェリビーは昨夜たしかに寝床にはいり、平生どおり起床したはずなのに、洋服を着替えたらしい様子はいっこうにありませんでした。 ...