平生から信じ

5 の例文 (0.00 秒)
  • 目的があって歩くものは賤民せんみんだと、彼は平生から信じていたのであるけれども、この場合に限って、その賤民の方が偉い様な気がした。 ...
  • 田口夫婦の意向や僕の母の希望は、他人の入智慧いれぢえ同様に意味の少ないものとして、単に彼女と僕を裸にした生れつきだけを比較すると、僕らはとてもいっしょになる見込のないものと僕は平生から信じていた。 ...
  • 目的があつてあるくものは賤民だと、かれは平生から信じてゐたのであるけれども、此場合にかぎつて、其賤民の方がえらい様な気がした。 ...
  • それを差しいて里へ手紙をやる必要はほとんどあるまいとまで平生から信じていたお延は、筆を持ったまま、目下自分と津田との間柄あいだがらは、はたしてどんなところにどういう風に関係しているかを考えなければならなかった。 ...
  • 秋山は平生から信じていた。 ...