平生からあまり

7 の例文 (0.00 秒)
  • 平生ふだんからあまりよくない顔色は、ほとんど土気色だった。
  • 彼らは明らかに友だち同士で、今しがた、いっしょに学校から出て来たばかりであるが、平生からあまり仲がよくないのだということは、ちょっと見ただけでも察しがついた。 ...
  • 平生へいぜいからあまり口数を利かない彼女はますます沈黙を守って、それが夫の気を焦立いらだたせるのを目の前に見ながら澄ましていた。 ...
  • 僕の平生からあまり小説を愛読しないのは、僕に小説中の人物になる資格が乏しいので、資格が乏しいのは、考え考えしてぐずつくせいだろうとかねがね思っていたから、僕はついこういう質問がかけて見たくなったのである。 ...
  • 平生からあまり丈夫には見えない。 ...
  • その牡丹俥と柳島の殺人とはまさか結びつけて考えなかったにしろ、平生からあまり身状みじようのよくない男であったらしく、そういう手合によくあることで、警察におべんちゃらを使う、あるいは煙幕を張るつもりで、ちょろっとそんなことをしゃべったものと見える。 ...