平生あまり

8 の例文 (0.00 秒)
  • ここは平生あまり使われない御殿であったから帳台ちょうだいなども置かれてなかった。 ...
  • 石持氏が真先に気付いたのは、女が平生あまり化粧をした者でない事であった。 ...
  • 平生あまり親しく口をきいたことのない相手である。 ...
  • ネギさんの言うことは、平生へいぜいあまり信用できないが、これが採り立てであることだけは、私も確実に信用する。 ...
  • 平一郎は自分が自分よりも腕力の強い長田を逃げ出さしたことに多少の快感を感じつつ、平生あまり親しくはしていないが深井を家まで一緒に送って行くことは自分の責任であるように感じた。 ...
  • 大体、平生あまり城戸をかまいつけないので、気が咎めるのか、家にいるときの妻はにこにこと機嫌よくしている。 ...
  • 隆景は婦人を近づけず、内室と接するときは肩衣・袴を着けて賓客をもてなすような態度をとり、平生あまり戯言も言わなかったとされる。。 ...