帰省バス

15 の例文 (0.00 秒)
  • 当時の帰省バスはバス事業者が関連の旅行代理店を通じて企画して運行されることが多かった。 ...
  • 共同運行事業者として、それまで帰省バスの運行支援などで実績のあった京浜急行電鉄を選ぶことになった。 ...
  • 帯広と札幌の間は200キロ程度の距離であるが、帰省バス当時から夜行便が設定されていた。
  • 札幌と帯広の間は200キロ程度の距離であるが、帰省バス当時から夜行便が設定されていた。 ...
  • 定期路線としての運行に先立ち、1988年8月には2週間にわたって帰省バスでの運行が行なわれた。 ...
  • 旅行商品の形態によるバスでの旅客輸送としては、お盆や年末年始を中心に帰省者を主な利用対象として大都市と地方都市の間で運行されていた「帰省バス」と称するものがある。 ...
  • これはツアーバス形式をとってはいるものの、運行期間は14日間と帰省バスとしては長めに設定された上、両社で隔日交互で夜行バスを運行するという、通常の夜行高速バスと同様の運行形態が採られていた。 ...
  • 大阪府に本拠を置く中央交通が1961年に日本で初めての帰省バスの運行を開始したと自称しており、西鉄バスでも1962年12月28日に福岡 - 大阪間で帰省バスの運行を開始したとしている。 ...
  • その後も事業区域の拡大が進められたが、1960年代以降は貸切バス台数の増強は控え、帰省バスやスキー・スケートなどの需要拡大を強化する方向性となった。 ...
  • 元々は小田急バスが東京と石見地方を結ぶ帰省バスとして運行を開始したものの、定期路線への格上げにあたって石見交通のパートナーとしてスサノオ号など夜行バスのノウハウを持つ中国ジェイアールバスが参入、代わりに帰省バスの運行を主導していた小田急バスが撤退という経緯を有している。 ...
  • これら帰省バスの多くは1980年代以降には高速バスの需要調査も兼ねることにつながり、石見銀山号など多客期の帰省バスの実績から定期運行に繋がった例も多い。 ...
  • 帰省バスの起源は1960年代にさかのぼる。 ...
  • スーパーハイデッカー車は1989年12月にエアロクィーンMを導入し同月の帯広臨時帰省バスで使用された。 ...
  • thumb|180px|地下鉄大谷地駅出発 1989年8月11日より繁忙期の臨時帰省バスとして各社1往復ずつを担当する5往復で運行を開始。