帰省する度

10 の例文 (0.00 秒)
  • 母の実家は山形県で、幼い頃は帰省する度にいとこ達と遊んでいたという。
  • 僕の生れた伊豆の村なども、最近帰省する度にいいと思うよ。 ...
  • 東京の高校、大学に行っていた間、アルバイトに疲れて帰省する度に、私はそこを渡った。 ...
  • 毎年帰省する度に家内中が此町まで迎に来て呉れる。 ...
  • 伊豆に帰省する度に、架山はみはるの着ているものが、冬枝が東京から送っているものとは違うことに気付いていた。 ...
  • この古道具屋の居たという家は私にも縁のある家で、それから何年か後にその家や地面が久松家の所有になり、久松家の用人をしていた私の長兄が留守番旁々其所かたがたそこに住まうようになって、私は帰省するたびにいつもそこに寐泊りをした。 ...
  • 広島県外出身者である作者にとって、この選択は最も有り得ない選択であったというが、広島出身の同業者である女性漫画家の佐藤両々に連絡を取り、佐藤が広島に帰省する度に広島県内を多く案内してもらったことが当作の創作に繋がったという。 ...
  • 東京での漫才時代、当初は漫才に集中するためギターを実家に置き音楽を封印していたが次第に曲作りを始め、福岡に帰省する度、音源をヒロシ・ドットに託しハモリやベースを入れてもらっていた。
  • しかし私が休暇で帰省する度に、背丈も伸び、姿態にも女らしさが加わり、初心に、直ぐ顔を染めるようにもなった。 ...