帰省するたび

9 の例文 (0.00 秒)
  • 帰省するたびに、母親が暗い顔をしていることも気がかりだった。 ...
  • 大学時代、帰省するたびに、家の前で弟と一緒に遊んでいた霧菜の姿を覚えている。 ...
  • 帰省するたびに、私は自分の部屋で寝ていた。 ...
  • それから帰省するたび、父はよく「戻って来い」と口にしたが、意外なことに、母は何も言わなかった。 ...
  • 絶望のおもいは帰省するたびにふかくなるようだった。 ...
  • ただその中に、帰省するたび母が得意として必ず食卓に登場させていた野菜と桜海老の掻揚かきあげがなかった。 ...
  • 年の暮れに帰省するたびに、私はため息をつく。 ...
  • その後、東京から大阪に帰省するたびにたま子が戸島のもとを訪ねてくるようになるが、戸島は自分の恋情が青年特有の「恋に恋する」ようなものと気づき、徐々にたま子への気持ちが醒め、疎遠になっていくのであった。 ...