居住跡

40 の例文 (0.01 秒)
  • 二千年前の居住跡が日本人による1990年代の調査で見つかっている。
  • 人の居住跡の最も古い出土品は紀元前4世紀のものである。 ...
  • また紀元前1700年から紀元前1200年ごろの居住跡も見られる。 ...
  • これはバルカン半島全土でも極めて古い人の居住跡の一つである。 ...
  • シャキには2700年以上前の大規模な居住跡が残されている。 ...
  • シュヴァルツヴァルトでは紀元前4000年頃の居住跡が考古学的に発見されている。 ...
  • 古代ローマ期の居住跡も発見されている。
  • 彼の視線はメインドームがあった場所からゲイバーの地図製作設備へ、反乱者たちの居住跡へとさまよった。 ...
  • ハフィート式墳墓を築いた人々の居住跡は、後出のヒーリー遺跡群であったと考えられている。 ...
  • 聖ニコラス教会の近くではボグダン期以前の居住跡が発見されており、モルダヴィアに国家が建設される以前から一帯の中心地であったことをにおわせる。 ...
  • 最古の居住跡はウバイド時代にまで遡るが、シュメール時代までの歴史を明らかにする情報はほとんど存在しない。 ...
  • この文化の居住跡は炉と石器、土器しか発見されず、恐らく人々は移動型の生活を送っていたのだろうと推定されている。 ...
  • エディンバラ地域最古の居住跡はエディンバラ北西の村、で発見された中石器時代のものである。 ...
  • 紅茸町一帯に弥生時代後期の居住跡が発見されたほか、高槻市立第八中学校内に石室が保存されている。 ...
  • パフォスには新石器時代から人類による居住跡があることが考古学的調査によって報告されている。 ...
  • 島の南東部マタラニウムにあるナンマトル遺跡周辺では紀元前後の頃の居住跡が見出されている。 ...
  • 自治体内には先史時代の居住跡が、散見される。 ...
  • 時折定行が立ち寄ったとされ、現在も居住跡が残る。 ...
  • 東館の調査では庭園跡と見られる遺構や石敷があり、高位の人物の居住跡と考えられ、中国産陶磁器などが出土した。 ...
  • このあたりには数多くの遺跡が確認されており、湯山池の北畔からは直浪遺跡という縄文時代から奈良時代にかけての居住跡が確認された。 ...
  • このグループの構成資産をまとめると以下の通りになるが、近現代の砦を除けばハフィート期の墳墓ばかりで、その時期の居住跡は含まれていない。 ...
  • テルカでは紀元前3千年紀の居住跡も見つかっているが、周囲の荒野の遊牧民らが定住を始めたとみられる。 ...
  • 後年の発掘結果ではローマ時代の居住跡は発見されていないが、マローワンは南にあるチャガル・バザールの発掘に移った。 ...
  • 境内地には小野小町居住跡の他、置賜三十三観音霊場の一つ小野川御観音堂などがある。 ...
  • プロヴディフは新石器時代に遡る、6千年に及ぶ歴史を有しており、紀元前4千年ごろの居住跡が見つかっている。 ...
  • 人間の居住跡は石器時代までさかのぼる。 ...
  • 紀元前8千年紀から紀元前6千年紀の新石器時代後期の居住跡があり、当時の人々は狩りや漁で生活していたことがうかがえる。
  • 瀬長島に瀬長グスクが形成され、『琉球国由来記』には瀬長按司の居住跡と記されている。 ...
  • 次のページ