居住移転の自由

37 の例文 (0.01 秒)
  • 江戸時代、封建制の下で農民は土地に拘束されて居住移転の自由を有しなかった。 ...
  • 戸籍が作られたことにより、職業選択や居住移転の自由を得ることになった。 ...
  • 日本国憲法は居住移転の自由について22条1項に規定を置いている。 ...
  • 外国移住の自由については居住移転の自由とは別に日本国憲法第22条2項に規定されている。 ...
  • 居住移転の自由が多面的・複合的な権利であることから、その限界も、それぞれの場合に応じて具体的に検討する必要がある。 ...
  • 中国にはそもそも居住移転の自由がない。 ...
  • また、一般的に職業選択の自由、家族を持つ自由、居住移転の自由などが制限されており、一定の年齢に達したり、その他の条件で解放される場合もあった。 ...
  • 明治維新によって、すべての国民が居住移転の自由を獲得した。 ...
  • しかし、市民革命期の憲法において居住移転の自由を明文で規定した例はごくわずかであった。 ...
  • 居住移転の自由や職業選択の自由は、このような身分制度的拘束から解放するものである。 ...
  • 居住移転の自由や職業選択の自由はこのような身分制的拘束から解放するものであり、歴史的には人の自由な移動の確保によって自由な労働者の形成が図られることが近代資本主義社会の前提条件となった。 ...
  • 明治憲法には職業選択の自由について直接定めた規定はなかったが、営業の自由が居住移転の自由に含まれるとする説が存在した。 ...
  • 非ユダヤ人は参政権など市民権は与えられたが、居住移転の自由や職業選択の自由などを厳しく制限された。 ...
  • 現代では居住移転の自由や外国移住の自由は経済活動の自由としてよりもむしろ精神的自由としての意味合いが強くなっている。 ...
  • 投獄の状況において最も顕著に、政府は犯罪の有罪を宣告された人物の、居住移転の自由を一般的に鋭く規制するかもしれない。 ...
  • 大日本帝国憲法は居住移転の自由について「法律ノ範囲内ニ於テ」認めていた。 ...
  • 日本国憲法第22条第1項の保障する居住移転の自由については、国内において住所又は居所を定めそれを移転する自由に限定されるのか、旅行の自由のように人間の移動の自由を含むかで学説は分かれる。 ...
  • 居住移転の自由も一定の制約を受ける。 ...
  • なお、現代にあっても中華人民共和国では都市戸籍と農村戸籍が厳然と区別され、人びとに居住移転の自由などの基本的人権は認められていないが、これは、1950年代の都市における食糧難が都市・農村戸籍の施行と厳格な運用をもたらした結果であり、「都市と農村を分割する身分制度」といわれる。 ...
  • その後、明治維新を経て、居住移転の自由や職業選択の自由に伴う社会の流動化と戸籍制度の確立と共に、個人の特定のための氏名の固定化が進み、同時に子に対する命名権が親固有の専権のような理解となっていった。 ...
  • 居住移転の自由については、経済的自由権に分類されることが普通であるが、身体的自由権あるいは精神的自由権に分類する学説もある。 ...
  • 大日本帝国憲法第27条は臣民の財産権を保障し、同第22条は臣民の居住移転の自由を保障している。 ...
  • 例えば、居住移転の自由については、経済的自由権に分類されることが普通であるが、身体的自由権あるいは精神的自由権に分類する学説もある。 ...
  • また世襲である天皇および皇族は、職業選択の自由や居住移転の自由、言論の自由、信教の自由など自己決定権にかかわる多くの基本的人権を制限されており、法の下の平等を定めた日本国憲法第14条と矛盾するとの意見がある。
  • 日本国憲法の制定過程では集会の自由は言論・出版などの表現の自由とともに規定されていたが、結社の自由は居住移転の自由とともに規定されており、最終的に「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由」として一つの条文にまとめられることとなった。 ...
  • 奴隷的拘束や苦役からの自由、居住移転の自由、職業選択の自由、外国移住・国籍離脱の自由等が事実上ない皇室の在籍者は、安全のため24時間体制で公私に関係なく行動を監視され、外出時も必ず皇宮警察の皇宮護衛官あるいは行啓先の都道府県警察所属の警察官による警衛の下で行動しなければならない。 ...
  • は、日本国憲法の第3章にある条文で、居住移転の自由、職業選択の自由、外国への移住、国籍離脱の自由について規定している。 ...
  • また2項と共に、居住移転の自由、外国移住の自由、海外渡航の自由、国籍離脱の自由も保障されている。 ...
  • 次のページ