居住実態

29 の例文 (0.03 秒)
  • 自治体間で対応に差があることや居住実態の調査の妥当性を疑問視する声がある。
  • 夜になっても電灯は点灯せず、部屋は居住実態がないことが外見からもわかる。 ...
  • 当該自治体に住民票を置いている者だけでなく、居住実態がある者も届け出の対象である。 ...
  • 進学に伴う転居の際に住民票を移さなかった学生や生徒が、転居前の自治体に居住実態がないとして投票が認められない場合がある。 ...
  • 判決は、スーパークレイジー君が戸田市内の銀行でATMを使用したと説明したのにも関わらずその事実がなかったこと、市内の居住地で食事を電子レンジで温めたと話したのに、電子レンジがあったかどうか覚えていないと語ったことなどから居住実態が無かったと判断。 ...
  • 参議院事務局では、地方住所は議員から届け出があればそれを信用しそのまま受け付け、居住実態の有無などを調査することはしていない。 ...
  • この選挙では、カンザスでの居住実態がないミズーリ州民による不正投票が横行していた。 ...
  • 解職理由には一連の町長に対する批判やメディアで批判を続けていることのみならず、電子書籍において草津温泉で活躍する多くの女性を貶める発言をしていたことや、居住実態が無かった嫌疑も盛り込まれた。 ...
  • この第三者委員会からの答申では、今後の選手の居住資格に関して「原則として対象期間の半数を超える居住実態があること」などと初めて日数の基準を示している。
  • その内、平成28年度調査から引き続き居住実態が把握できない児童は、6人である。
  • スーパークレイジー君は新聞の取材に「2020年9月末には市内のアパートに入居し、居住実態はある」と答えた。
  • このとき、回答者の市選管事務局長とスーパークレイジー君の間で居住実態に関連するやりとりが行われた。
  • しかし、現実には居住実態はほぼ無く、あらためて議員辞職勧告決議が採択されるが、同市議は辞職を拒否し続けている。 ...
  • 委員らは8月4日までの計3回の会議で提出書類を審査し「小野市と三木市の居宅のいずれかを本拠と断定することは困難」とした上で、「小野市に一定の居住実態があり、三木市に生活の本拠があるとの積極的事情も認められない」との意見書を8月9日付で提出した。 ...
  • ただし、現地は別荘の利用者が多いため、居住実態が把握できず、確認作業が難航した。 ...
  • あいりん地区にある釜ヶ崎解放会館などに住民登録をしていた労働者の相当数が、実際には登録場所に居住の実態が無い状態であることが発覚したため、2007年以降に大阪市が実態調査をすすめており「居住実態のない住民登録」を順次抹消している。 ...
  • また、同省の現地調査により居住実態のない国勢調査票が303人分見つかり、この国勢調査で人口の水増しが行われた可能性があることが指摘された。
  • アムール川の国境はアイグン条約によって全ての島がロシア帝国領と定められていたが、水路協定では航路が乾岔子島よりソ連領側に設定され、国際法の原則や居住実態からも日満側は同島を満州国領とみなしていた。 ...
  • 同日夜、スーパークレイジー君は川口市役所で会見を開き、「居住実態はあり、光熱費の領収書も保管している」と改めて表明したうえで、「ある宗教の関係者だと聞き、本人にも問いただした」と述べた。 ...
  • 居住実態のない国勢調査票について東浦町側は当初、平成22年国勢調査から調査票に記入漏れがあった場合は、地方公共団体の担当職員が書き加える、という新制度が設けられたことを受けて、町職員が居住実態を確認することを怠ったまま、住民票に基づいて調査票に居住者を書き加えた事務的失態であった、と説明していた。 ...
  • ところが、町議会からかつてボールトン家が所有していた広大な屋敷の固定資産税滞納を理由として「居住実態が無いものとみなして差し押さえる」と通告を受け、先祖代々の屋敷を人手に渡す訳には行かないと奮起して屋敷のリフォームへ乗り出した。 ...
  • 提訴事由としては、佐藤の居住実態が日野市にあり、東村山市にないというものであった。 ...
  • なお、224人について、自治体に個別に聞き取り等を行った結果、同年10月20日時点で、さらに83人の居住実態が確認できており、同日時点で居住実態が把握できない児童は141人となった。 ...
  • これに先立つ2010年12月、国勢調査に関わる町の不正を告発する匿名の文書が、総務省統計局に届き、2012年2月、総務省が現地調査を行った結果、居住実態のない国勢調査票が303人分見つかり、この国勢調査で人口の「水増し」が行われた可能性があることが指摘された。 ...
  • しかし、公職選挙法に定める「3か月以上の居住実態」がないという理由により、新座市や埼玉県選挙管理委員会から当選無効の決定を受けた。 ...
  • 同年4月21日投開票の統一地方選挙後半の兵庫県加古郡播磨町議会議員選挙に党公認候補として立候補させた増木重夫にもとより居住実態がなく被選挙権がないとして、投じられた110票が無効となった。 ...
  • 更に同年5月19日告示の東京都足立区議会議員選挙においても、もとより足立区内に居住実態がなく、被選挙権がない墨田区在住の加陽麻里布を党公認候補として立候補させた。 ...