居住可能性

57 の例文 (0.01 秒)
  • これはエウロパにおける生命の居住可能性を決める上で重要な要素である。 ...
  • この生命とその後の居住可能性の間の相互作用は、様々な検討をされている。 ...
  • ガニメデの海での生命の居住可能性については、いくつかの推論がある。 ...
  • 地軸が大きく傾いた状態は、地球の居住可能性を崩壊させる可能性が高い。 ...
  • EJSM の目的は木星系が生命の居住可能性を持つか否かである。 ...
  • ただし、先述した地球サイズの衛星が存在すれば、居住可能性は出てくる。 ...
  • 連星系の居住可能性は、様々な情報源からの多くの要因によって決定される。 ...
  • 逆に赤色矮星系の生命の居住可能性を上げる要因もある。 ...
  • これはエウロパにおける生命の居住可能性を考える上で重要な要素である可能性がある。 ...
  • 赤色矮星系の居住可能性は、様々な原因からなる数多くの要因で決まってくると考えられている。 ...
  • 諸宇宙の居住可能性を立証するような議論は、まだまだあります。 ...
  • また恒星から当たっていない方へ熱を移動させるのに十分な大気があればさらに居住可能性のある範囲が広がる。 ...
  • タイタンの条件下では、遠い未来に今よりもはるかに居住可能性が高くなる可能性がある。 ...
  • 褐色矮星を公転する仮説上の惑星の生命居住可能性についての研究が行われている。 ...
  • 赤色矮星系の居住可能性は物議を醸す主題であり、いくつかの考慮事項がある。 ...
  • それは、居住可能性の条件にとって無秩序な角度となるのを防いでいるかもしれない。 ...
  • これらの衛星は例外であるが、質量が居住可能性の基準として絶対だと考えることはできないということも証明している。 ...
  • それにより、太陽は惑星を有する特別な星ではなくなり、居住可能性の研究は太陽系から広がることとなった。 ...
  • 恒星が集まることは居住可能性にとって不利だと証明されたが、極端な孤立も同じである。 ...
  • 太陽系外惑星に存在する生命の文脈で通常理解されているように、表面の液体の水と大気は居住可能性の前提条件である。 ...
  • 生命の出現を助ける興味深い追加要素として、生命それ自身が形成された後、自分自身が居住可能性の要素となるという考えがある。 ...
  • したがって、居住可能性の下限となる質量が、火星と地球や金星の間のどこかに位置していると推論して問題ないだろう。 ...
  • 排出された黒色の物質には有機化合物が含まれている可能性があり、トリトンに液体の水が存在していれば、何らかの形態の生命にとって居住可能性があると推測されている。 ...
  • 恒星の中で赤色矮星は群を抜いて存在数が多い、最も一般的なタイプの天体であるため、天文学者はこれらの多くのサンプルを使って、居住可能性に影響する要因や要因同士の相互影響などを研究し、生命の存在確率や最も生命・文明が存在する可能性の高い天体がどれかを探ろうとしている。 ...
  • ケプラー1652bの半径が大きいと、居住可能性が低くなる。 ...
  • 英語のは、ラテン語のに由来し、初出は1638年のによる月の居住可能性についての論文であると考えられている。 ...
  • ケプラー442bは居住するのに適した太陽系外惑星の中で最も居住可能性が高いSuperhabitable Planetになる可能性がある。 ...
  • 例えば、太陽系のエウロパの地下の海など、惑星の地下に限定された生命は、遠くから検出するのは難しいが、寒い海に覆われたプロキシマ・ケンタウリbでの居住可能性のモデルを構成するかもしれない。 ...
  • 次のページ