尺九寸五分

8 の例文 (0.00 秒)
  • 左に持った二尺九寸五分の池田鬼神丸が今夜は妙に逞しく見えている。 ...
  • 二尺九寸五分、重ね厚の刀は淵のように青い肌だ。 ...
  • 名前の音が似ている上に、ともに小太刀を使ったところから間違えられるのであるが、清玄は福島正則の家臣で、長袴をつけ、ビワの木剣一尺九寸五分の長さのものをもって稽古させたという。 ...
  • 腰には、すでに何人斬ってきたか数も覚えぬほどに使った和泉守兼定を帯び、脇差は、去年の夏、池田屋ノ変のときにはじめて使った堀川国広一尺九寸五分。 ...
  • 茶室のにじり口は幅一尺九寸五分、高さ二尺二寸五分が定法になっているが、この祈祷所もにたりよったり、したがって、身をかがめなければはいれない。 ...
  • 好地円太郎は、たけ、五尺九寸五分。 ...
  • 二尺九寸五分、池田国重。