少し気障

4 の例文 (0.00 秒)
  • 然し怒り飛ばす気にはなれず、為方しかたなく、 「君みたいのは、少し気障きざだぜ」と出来るだけ冷淡に云った。 ...
  • 「やあ」と私が云うと、彼も又早足に近づいて、からだを引くようにして少し気障《き ざ》な、しかしそれがこの場合その人に取って決して不似合ではない鷹揚な礼をしました。 ...
  • それから、おれは小早川夫婦のことをあれこれ訊いてみたが、あまり人前に姿を見せぬ以外は、少し気障だが極めて温厚、良識のある人物としてそれなりの敬意を集めていることがわかった。 ...
  • それで、あるときは、「君みたいのは、少し気障きざだぜ」と、つっぱなすように云ったこともある。 ...