小田原外郎家

9 の例文 (0.00 秒)
  • 小田原外郎家では「お菓子のういろう」と呼ばれ、外郎薬と区別されている。 ...
  • 小田原外郎家自身もういろう発祥の地を小田原としていない。 ...
  • 小田原外郎家の方が歴史は古いが、先述した通りお菓子のういろうを一般に販売し始めたのは明治時代に入ってからである。 ...
  • 以後、京都の本家とともに外郎薬の製造を代々行ってきたが、江戸時代の元禄年間頃に本家が衰亡した後は、小田原外郎家が独占的に外郎薬を製造するようになり、現在に至っている。 ...
  • 更に異説として『新編相模国風土記稿』には外郎家が京都から小田原に下向して北条氏綱が宅地を与えたとする説を載せるが、氏綱が当主になって間もない大永年間には小田原外郎家の活動が確認できる。 ...
  • 小田原外郎家は本家との自負から、青柳総本家や梅寿軒の商標登録を特許庁が認めたことを不服として、特許庁を相手取って裁判を起こしたが、いずれも敗訴している。 ...
  • 小田原外郎家の当主は代々、宇野藤右衛門を名乗った。 ...
  • thumb|right|200px|小田原のういろう外郎薬を製造する小田原外郎家は、外郎家の分家として1504年に成立した。 ...