小兵

全て 名詞
308 の例文 (0.01 秒)
  • 見ていると、確かに小兵であるが、さっきから一度も投げられてはいない。 ...
  • 多くの場合小兵が廻しを切りやすくするための努力として行う。 ...
  • しかし小兵の上に、バクチ好きだった事が彼の現役生活に暗い影を落とした。 ...
  • 一方で小兵であったため変化をすることも多かった。 ...
  • 小兵だったため十両では本来の相撲があまり見られず幕下と十両を往復する生活が続いた。 ...
  • 善鬼は六尺を越えた巨漢であったし、典膳は、五尺二寸の小兵であった。 ...
  • 小兵の武吉が、容貌魁偉ようぼうかいいな吉継に相対すると、大人と子供のようである。 ...
  • しかし、小兵であったためなかなか力を発揮することが出来ず、幕下上位で苦労した。 ...
  • 兵と卒の字義はどちらも小兵であり、階級の最も低い軍人を表わす。 ...
  • 小兵であったが腕力が強く、左を差しての投げを得意とした。 ...
  • かつて小兵の栃錦がまさか横綱になるとは、だれも思わなかった。 ...
  • 体重80kgに満たない小兵であったが、美男力士として人気を博した。 ...
  • 小兵ではあるが、子供ではないとすぐに知れた。 ...
  • 岡山頭巾で顔を包んだ、小兵の武士が供もつれず、江戸の街を歩いていた。 ...
  • 玄関に立っていたのは、五尺一寸にも満たない小兵の漢であった。 ...
  • 吉継はもちろん、息子の元吉でさえも、この小兵の言う意味を理解できなかった。 ...
  • その小兵の男は、その中にあってなお、常人ではない気配をその短躯から放っているのである。 ...
  • 次へ