小さな築山

11 の例文 (0.00 秒)
  • 鉢などうちにはなかったが、私は母にせがんでそれを買って来て、庭の小さな築山の前へ並べた。 ...
  • 町名は小さな築山があったことに由来する。
  • と、草萌くさもえで青み渡っている、小さな築山の前へまで来た。 ...
  • 千に余るバビロンの俘囚はことごとく舌をいて殺され、その舌を集めたところ、小さな築山つきやまが出来たのは、誰知らぬ者のない事実である。 ...
  • こんもりとした小さな築山も、コンクリートの四角い池も、庭の隅の大きなくすのきも、以前と少しも変わっていない。 ...
  • 小さな築山と木枝の茂みや、池と庭草は、電灯の光は受けても薄板金で張ったり、針金で輪廓りんかくを取ったりした小さなセットにしか見えない。 ...
  • やみの庭は電燭の光りに、小さな築山や池のおも影を薄肉彫刻のように浮出させ、その表をわずかあられが縦にかすめて落ちている。 ...
  • 鳳仙花ほうせんかの、草にまじって二並ふたならびばかり紅白の咲きこぼるる土塀際をはすに切って、小さな築山のすそめぐると池がある。 ...
  • 小さな築山には風化作用を及ぼし、これらすべての微細な人工の風物に天然さながらの風情を与えて。 ...
  • どちらも広い庭を持ち、小さな築山や植木のあしらいに趣向を凝らし、石燈籠などを巧みに配して、四季の風情を売り物にしたので、けっこう繁昌したものだったが、天保の改革の際、奢侈しやしをとがめられて廃業した。 ...