小さく嗚咽

7 の例文 (0.00 秒)
  • 琴吹さんはぼくに背中を向け、顔を伏せたまま小さく嗚咽おえつしていた。 ...
  • 目に涙が滲み、恭子は小さく嗚咽おえつを漏らしていた。 ...
  • 滝の手が、両手でおおいつくせそうな、細くひきしまった少年の腰にまわって、容赦なく押し開いたとき、良はかすかな呻き声をあげ、そのまま赤児のように小さく嗚咽しはじめた。 ...
  • 女子マラソンが初めて正式種目となった1984年のロサンゼルスオリンピックでは、日本のNHK総合テレビでの女子マラソンの実況で解説者を務め、ガブリエラ・アンデルセンのゴールの際には彼女が小さく嗚咽する声が流れた。 ...
  • 「どうしても行くんなら、俺も連れてってよ」 「無理だよ」 ルフィオはがっくり肩を落とすと、小さく嗚咽おえつの声を漏らした。 ...
  • そして、手のひらに顔をうずめ、小さく嗚咽をもらす。 ...