専門棋士

30 の例文 (0.00 秒)
  • しかし専門棋士でこれを最初に試したのは、先の二世算哲であった。 ...
  • 前述の愛蔵版において、専門棋士達も以下のように評価している。 ...
  • 私は専門棋士とやると、たいがい第一局は勝つことになっている。 ...
  • 礼を厚うして各家元の専門棋士を招き、棋力は進んで五段格を許されていた。 ...
  • 専門棋士が規定に基づいて昇段すると、昇段の事実と氏名が発表されるのみであった。 ...
  • ついに開戦となったが、専門棋士と素人棋客の手合せみたいなものだ。 ...
  • 「吐き気を催すほど考えることができなければ専門棋士の資格がない」という語を残している。 ...
  • なぜなら、将棋は専門棋士にとつては遊びではない。 ...
  • 江戸時代は級位やアマチュア段位などは存在せず、専門棋士と素人の段位に区別は無かった。 ...
  • 当時は専門棋士の社会的地位は低く、特に田舎などではバクチ打ちの様にみなされていた。 ...
  • 昭和9年に大阪で升田幸三が初段になった頃までは、「初段からが専門棋士」だった。 ...
  • 父徳蔵は豊橋市生まれ、事業のために京都に移った後、1908年に本因坊家と方円社から二段を認められ、上京して専門棋士となった。 ...
  • ところが大阪の新聞に専門棋士を七人抜いた天才少年棋士のことが載っていて、それがあの時の少年木村義雄と同姓同名であったのを見て私は不思議の感を催していたところ、それから一年後の年始状に将棋六段木村義雄と署名したのが届いた。 ...
  • 大山康晴によれば、彼が少年の頃には専業プロをすでに「専門棋士」と呼んでいたようであるから、大正頃に「専門棋士」という呼び方ができたと考えられる。 ...
  • 大正に専門棋士として三段まで進んだ大阪の堀田忠弘はその後真剣師となって1982年に没するまで、プロ棋士もしばしば破る活躍で鬼と呼ばれた。 ...
  • 専門棋士になるのが遅く、碁風も玄人らしくないということで「偉大なる素人」と呼ばれた。 ...
  • 将棋連盟結成と新聞棋戦賞金の収入によって専業プロの制度が確立するとともに棋客に代わって、「専門棋士」という呼称が広まった。 ...
  • 次へ