寺社参詣

15 の例文 (0.00 秒)
  • 明治時代に入ると寺社参詣の風が薄れ、すでに明治中期には巡礼者の数が急速に減少していたと推定されている。 ...
  • この話が広く流布したのは江戸時代後期のことで、評判の悪かった清盛が儒学者によって再評価される流れとなったことと寺社参詣の旅行ブームの中でのことである。 ...
  • 加えて、江戸時代に農民生活が向上したことにより、寺社参詣者数は急増し、一寺一社参詣とは異なる回遊型巡礼に向かう者が多数見られるようになった。 ...
  • 江戸時代には文人や武士なども諸国を旅し多くの紀行文を残しているが、庶民においても身元や旅の目的を証明する通行手形を所持していれば寺社参詣などを名目として物見遊山の旅が可能になり、旅を楽しむ人々が急増した。 ...
  • 本来は僧侶のみが宿泊する施設であったのだが、平安時代の寺社参詣の普及により、貴族や武士、更には一般の参詣者も宿泊させるようになり、運営者も僧侶から寺院周辺の半僧半俗の経営者に移っていった。 ...
  • 永正14年頃より更年期障害と想定される健康の悪化が見られるものの、鞍馬寺や清水寺などの寺社参詣や親族、細川高国など有力者との交流ぶりが『後法成寺日記』などに記されている。 ...
  • 寺社参詣の物見遊山化がすすんだ近世 に主として通行された参詣道である大雲取越えでは、中世熊野詣のように参詣者たちに御師がついて参詣儀礼を指導したり勤行を行わせたりするようなこともなく、宿所の提供さえあればこと足りたのである。 ...
  • 鎌倉時代から室町時代前期の日記とは異なり、儀式に関する記述はわずかで、多くが禁裏への出仕、歌会、寺社参詣、火災や戦乱などの記述で占められている。 ...
  • 元禄7年閏5月から翌年3月にかけて、信政に従って弘前城に赴き、寺社参詣・湯治などをした。 ...
  • thumb|200px|問答河岸跡河岸は物流だけでなく、寺社参詣や物見遊山の人たちも利用した。 ...
  • 斎宮退下後は神祇伯仲資王・業資王親子の後見を受けていたと見られ、『仲資王記』『業資王記』から祭見物や寺社参詣などをしていたことが知られる。 ...
  • 寺社参詣・文化財・産業観光客数は増加傾向にある。 ...
  • また忠直は寺社参詣、松茸狩り、川干し漁、祭事、能狂言など遊興に熱中して藩政を省みなかった。 ...
  • 趣味・特技は寺社参詣、散歩、躰道、クラシックバレエ。 ...