寛恕

全て 名詞
105 の例文 (0.01 秒)
  • その点については読者の寛恕を乞わなければならない次第であると思っている。 ...
  • 以後、決して他でおうわさ申しませぬゆえ、のたびに限り、御寛恕かんじょください。 ...
  • それは意図せざる類似ということでご寛恕いただけると幸いです。 ...
  • その王子が使者に立ち、果たして皇帝の寛恕かんじよを乞うことができたのだろうか。 ...
  • 先生は深い寛恕かんじよの精神からそうお考えなんですか? ...
  • それを身に感じるものの心に寛恕かんじょを強制し、人の心からそれまでのあらゆる不快を忘れさせるのである。 ...
  • 真実の一片をしか語ることができぬには、あらかじめ寛恕かんじょを願っておきましょう。 ...
  • それには、死人を筈打つまいとする寛恕も働いたようである。 ...
  • 「どうか、ご寛恕かんじょを」 カルヴァーンがアルシェイラの前でひざょずいている。 ...
  • しかし、戦後数月にして処分は寛恕され、康成・忠成父子は大胡に復帰した。 ...
  • わたしにも寛恕かんじょの心はあります。 ...
  • もっとも手軽かつ安全にあなたと連絡をとるための方便だったと、ご寛恕かんじょください。 ...
  • 遺書には、迷惑をかけることへの寛恕かんじよを求める言葉が淡々と書き連ねてあったらしい。 ...
  • 番作に対しても、犬の無礼の寛恕のために2人の管領たちに献上すると言っている。 ...
  • そして、それに対しては、われわれの認識の現況を指摘することによって諸君の寛恕を乞おうと思っている。 ...
  • 昔は一国の帝王が法王の寛恕かんじょを請うために、乞食の如くその膝下ひざもとに伏拝した。 ...
  • 中断の強要を寛恕されることを心より願いつつ、わたしは分別ある行動を期待する。
  • 次へ