寒気団

46 の例文 (0.01 秒)
  • 世界の各地を大寒気団が包み、地球は再び氷河期を迎える予感に堪えた。 ...
  • そこへ大寒気団だから、血圧なんかどうなっているのかしら。
  • 上空に寒気団があるためなのか、予想以上の冷たい雨であった。 ...
  • あと二ヶ月もしたら寒気団もどこかに行って、高気圧がじゃんじゃんやって来てくれますよ。 ...
  • なんぞはからん、そのとき日本の上空を大寒気団が襲っていたのだ。 ...
  • 気温が非常に低い寒気団の中で発生し、爆弾低気圧と異なり南東側に暖気移流を持たない。 ...
  • 予報では大陸から寒気団が近付いているといっていたが、冷えた夜の大気が街の明りを一層鮮やかにしているようである。 ...
  • これほど本格的なマッハ嵐でも、北で寒気団が移動したというだけで、ふたつの月の引力と、別な天体との合の作用にもかかわらず、雲散霧消してしまうこともあるのだ。 ...
  • 北西側から西側の高い山脈により、梅雨前線の影響や冬季の大陸寒気団の影響は比較的小さい。 ...
  • シベリアの寒気団が南下してきて、列島全体が巨大な冷凍庫に入れられたように凍りついた。 ...
  • テレビの週間天気予報で、明日にはまた晴天が戻るが、今後さらに大きな寒気団が日本の上空に移動してくると思われ、今年は本当にホワイトクリスマスになる可能性が強いと言っていた。 ...
  • 日本付近をはじめとした北半球では、北極に近いほど冷たい寒気団が、赤道に近いほど暖かい暖気団が存在している。 ...
  • これは、周囲の陸地よりも五大湖の暖かい湖水の上を、大陸の寒気団を伴った北東風が吹き抜けることで起こる。 ...
  • そういう男からみると、ほとんど垂直な北壁を、寒気団と戦いながら登りつめていく女は、まるで理解できない。 ...
  • しかしながら、大陸に近いために数年に一度の猛烈な寒気団に覆われると、沿岸部でも日中の気温が氷点下の真冬日になることもある。 ...
  • 天気予報で今年最強の寒気団が、シベリヤから南下し、日本上空に達しているといっていた。 ...
  • 冬の雪は、島根県では西部より東部に多く、強い寒気団が朝鮮半島を通過する際に季節風が分流され、それが日本海で合流し雪雲となって平野部に達するために大雪となることがある。 ...
  • 海面までわずか四〇メートルというところで、あわてて機首をひきおこし、辛うじて再上昇に成功したけれども、こんどは寒気団のなかに入ってしまった。 ...
  • オホーツク海から張り出してきた寒気団が、関東一円に季節はずれの大雪を降らせた。 ...
  • 小笠原諸島付近に台風25号があり、その影響で一時的に冬型の気圧配置となることに加え、中国から寒気団が南下し日本海側の山では大荒れの予報が出ていた。 ...
  • シベリアから南下した烈しい寒気団が日本列島を天から圧していた。 ...
  • それは、大型寒気団が道北地方の上空に蟠踞ばんきょし、午後になってもシバレのゆるまない日であったが、オリンピックの興奮がまだ覚めやらぬ時機だったので、会場の市民会館には、わが市の各種スポーツ競技者、指導者が一〇〇人近く参加して開催された。 ...
  • しかし、その後中国東北部にあった寒気団が日本海方面へ南下したため、22日にこの冬として初めて大雪に関する情報が発表された。
  • 冬の日本海では、暖流である対馬海流などの影響で比較的暖かい海水の上を、寒気団の冷たい風が通り抜けることで、背の低い雪雲ができる。 ...
  • この寒気団はヒマラヤ山脈に遮られるが故に発達する。 ...
  • 冬に指数が正となった場合、アイスランド低気圧に向かって吹き込む西風や南風が北米大陸の東半分に影響を及ぼすため北極からの寒気団の南下が抑えられる。 ...
  • 冬季も、寒気団や北風・西風などの諸要因が強いと日本海側のように雪が降る場合がある一方、太平洋沿岸地域のように、晴天になる日も多い。 ...
  • アムール川の水が流入する河口付近では塩分の濃度が低く、密度成層が強くなるため冬季には厳しい寒気団であるシベリア高気圧の影響も受けて海氷が形成される。 ...
  • 次のページ