富士参詣

29 の例文 (0.01 秒)
  • 陸上交通や水運の拠点であったほか、富士参詣の宿駅としても機能した。 ...
  • 特に富士参詣の行者がここを越えることから、富士関とも呼ばれていた。 ...
  • 精進湖という湖名は、富士参詣者が湖で沐浴して精進潔斎したことに由来する説や、富士の背にあたることから「背地」と呼ばれたとする説がある。 ...
  • 今川氏は三坊に対して繰り返し掟を発布し、富士参詣の道者の取締を行なった。 ...
  • 噴火の翌年の宝永5年には再建された御厨地方の須走村に富士参詣客が殺到し、翌年も同様の傾向が続いた。 ...
  • 絹本著色富士曼荼羅図をはじめとして、現存する表口を描いた富士参詣曼荼羅図にそれぞれ確認されている。 ...
  • 上吉田には富士参詣の門前集落として御師が集住し、参道の両側には計画的な短冊方地割の御師町が形成された。 ...
  • 内容としては、武田氏滅亡の混乱の中で戦火を恐れて逃亡した農民に対して環住すれば作職を安堵すると呼びかけるもの、 西念寺へ寺領安堵と富士参詣者に対する勧進免許を与えたものや御師たちに対して権利を安堵するものがある。 ...
  • これら「富士参詣曼荼羅図」諸本の様相と他史料の記述は一致しており、当時の南口における一般的な登山風習であったことが指摘される。 ...
  • 河口村は河口湖に面し、江戸時代から富士参詣者への宿坊を提供する御師の町で、中村家も御師業を営みつつ農業や養蚕を行っていた。
  • 古より富士参詣の道者が来訪し、道者達は湧玉池で禊を行い水垢離を行ってから登拝を行った。 ...
  • また奈良市矢田原町には大宮・村山口登山道を描く富士参詣曼荼羅図が伝わる。 ...
  • これにより年間の五穀豊穣・天候・養蚕・富士山登拝者数を占い、特にこの富士参詣者の多寡を占う点が特徴とされる。 ...
  • 江戸時代には富士講が隆盛を極め、北麓地域では吉田宿や河口宿など富士参詣者相手の御師町が成立、そのなかで参詣客を相手にうどんも売られ始める。 ...
  • 富士参詣曼荼羅図では御室大日堂を過ぎた地点で道者が松明を手に登拝を行う様子が描かれており、夜行登山が行われていたことが示され、これは夜行登山後にご来光を拝むためである。
  • 富士参詣曼荼羅図は道者のルートを意識した絵図となっており、上記の道者が富士山本宮浅間大社に至り湧玉池で禊を行う様子が図示されている。 ...
  • また、近世における甲斐国の産業は国中地方では農業と養蚕や煙草、果樹栽培などの農間余行を組み合わせた形態が発達するが、耕作可能地の少ない郡内では農業の依存度が低く、郡内織が全域で主要な生業となったほか、甲州街道沿いの駄賃稼ぎや山稼ぎ、吉田や河口では富士参詣者への御師職などが特徴的な生業となっている。 ...
  • 次へ