富国強兵

全て 名詞
380 の例文 (0.01 秒)
  • 富国強兵とは、国家の経済を発展させて軍事力の増強を促す政策をいう。 ...
  • 明治日本は、富国強兵のスローガンのもとに帝国主義への道を走っていた。 ...
  • 一言にして言へば富国強兵が現代日本の最大の要請であつた。 ...
  • 日本はふたたび富国強兵の国家にならなければならない。 ...
  • 明治時代の日本では、政府の富国強兵政策のもと産業の近代化が進められた。 ...
  • しかし、明治時代のような富国強兵を指示する時代ではないのだ。 ...
  • この三策で十年経てば富国強兵の基礎はでき、北方に新日本ができるであろう。 ...
  • 富国強兵だってその一環として捕らえることができるだろう。 ...
  • また、富国強兵政策によりヨーロッパから盛んに近代的な火薬技術を導入するようになる。 ...
  • 富国強兵時代が終わった後も、ドイツの制度の摂取を主張する政治家は随時見られた。 ...
  • したがって富国強兵や殖産興業については何らわだかまり無く納得できた。 ...
  • 軍事的に弱体化した国家であったが富国強兵策が行われた。 ...
  • この戦いは日本のその後の富国強兵政策の礎になった。 ...
  • また在日期間中特に黄遵憲の関心をもったのは、日本の富国強兵政策である。 ...
  • 富国強兵・殖産興業政策の推進のために、国民的な規模で教育水準の向上が求められた。 ...
  • 古代のように、富国強兵の手段として、あるいは社会結合の要素としてのこの愛情は、もう必要ではなかった。 ...
  • これは康有為・梁啓超が中心となって起こした富国強兵を目指す改革運動である。 ...
  • 次へ