寄席

全て 名詞
2,942 の例文 (0.03 秒)
  • 活動や寄席は小さな子にはどうだろうか、それが問題として残っていた。 ...
  • 不思議な事に、この寄席へは南麟よりほかに誰も出なかったようである。 ...
  • その得意のネタを、二人は初めてのラジオの寄席中継に出したのである。 ...
  • 寄席のことばで、つばなれというのは、客が十人以上ということである。 ...
  • 間もなく彼女は仲路なかじという名がついて寄席よせの高座へ出ることになった。 ...
  • そしてあいつは小柄だ、寄席にでも出るより外為方しかたがないと云ったのさ。 ...
  • とすると彼女の映画入りは、この寄席出演失敗以後のことだったのだろうか。 ...
  • 芝居は夕方にすむから夜になっての娯楽としては寄席しかなかったんです。 ...
  • わたしの宿のうしろに寄席があって、これも同じ主人の所有である。 ...
  • それが三代目小さんに認められて寄席に出るようになったのである。 ...
  • そして芝居や寄席よせや飲食店のような人いきれのなかへ慕い寄って行った。 ...
  • 寄席の末広がある通りの、向う側の角の家がいま壊されたところだった。 ...
  • 二日ほど前までは四谷の喜よしと云う寄席の下足番をしていたのだそうだ。 ...
  • 同時に、ジョクリスという型の道化があちこちの寄席よせに新しく登場した。
  • だが、犬たちは、ウェストミンスター・ホールの寄席よせを見たがっておる。 ...
  • 別に考慮する遑も無く寄席の前を通り過ぎた足がすぐ草津の門を這入る。 ...
  • あれォお読みんなって一度寄席でもォ見てみるかってことらしくってね。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:寄席