容貌魁偉

全て 名詞
65 の例文 (0.00 秒)
  • 僧は容貌魁偉ようぼうかいいともいうべき人で、宗にむかって突然に訊いた。 ...
  • 容貌魁偉で群書を広く読み、弟の裴漢・裴尼とともに名を知られた。 ...
  • まさに容貌魁偉かいいという表現が似つかわしい大兵肥満の将軍であった。 ...
  • 容貌魁偉であったため皇帝に推されたともいう。 ...
  • 頭目と見えて四十年輩の容貌魁偉の武士がいたが、ニヤニヤ笑って眺めている。 ...
  • 容貌魁偉ようぼうかいいとは、このことをいうのだろう。 ...
  • 写真でもおわかりだろうが容貌魁偉ようぼうかいい、大スタアの貫禄充分の猛優であったという。 ...
  • 成長すると容貌魁偉で、髭が美しく、身長は七尺八寸、武芸に優れた。 ...
  • 厙狄峙は容貌魁偉で、言葉がうまく、柔然の可汗はかれの言を重んじて、侵攻してこなくなった。 ...
  • 松洞は、何度か月性に会っているので、剣をかざし踊っている容貌魁偉かいいの僧の姿がたちまち出来あがった。 ...
  • 容貌魁偉で剛胆ながらもその性格は細心であった。 ...
  • 田山白雲はすぐれて容貌魁偉ようぼうかいいであるのに、柳田平治は普通よりは小柄です。 ...
  • この時俊景としかげは四十五、体躯壮大たいくそうだいで、容貌魁偉ようぼうかいい、武勇の名もまた高いのである。 ...
  • 容貌魁偉で、若くして有能で知られ、典客令として任用された。 ...
  • その中に一人、容貌魁偉ようぼうかいいにして、ももより下、両脚が切断されて無いという人物が混っていたそうだが、そういうはなしを貴公は聞いたことがないか。 ...
  • 容貌魁偉で、才能と大度で当時に知られた。 ...
  • といって、彼よりもずっとちんちくりんの、もっと容貌魁偉かいいの、ぜんぜん無職の男だって、女についてはそれぞれの夢を見る。 ...
  • 次へ