宮司

全て 名詞
2,328 の例文 (0.02 秒)
  • 巻物を携えた宮司が今日一日の首都層の模様を報告しようとやってきた。 ...
  • 頭ひとつ縮んだように見えるのは、宮司が極端に背を丸めているからだ。 ...
  • あの方にとっては曾祖父そうそふにあたる人がやはりお印のある宮司だったのです。 ...
  • 彼女の連れ合いであった先代の宮司は五年ほど前に亡くなったのだという。 ...
  • この時、宮司として赴任してきたのが、かつての藩主松平容保かたもりであった。 ...
  • 宮司みやづかさの古くから馴染なじんでいるものたちばかりが、寂しそうに仕えている。 ...
  • 大規模な神社になると、宮司だけでは運営の人手が足りなくなるのだ。 ...
  • そのため、一つの神社には必ず一人の宮司を置かなければならないとしている。 ...
  • 神家で会ったのは、その宮司の弟にあたる郁馬という若い神官だけです。
  • 古代には大宮司によって祝部が任官され、日常の祭祀が捧げられていた。 ...
  • 赤ちゃんは新しい宮司さん夫妻の子として籍に入れられるのでしょう? ...
  • この旦那が美濃で天下をとる工夫をしているとは宮司も気づかなかった。 ...
  • 実は大宮司は、背中の怪我のせいで、短い期間しか練習が出来ていなかった。 ...
  • これは、江戸時代に天満宮宮司の孝道が境内に開設した学問塾跡である。 ...
  • 平成16年ごろより到津宮司に代わって代務者が置かれるようになった。 ...
  • 源平争乱期には平清盛の娘を妻とする大宮司・宇佐公通が平氏方につく。 ...
  • 旧都心部の現状を見たいという、大宮司の希望を実現させる旅である。 ...
  • 次へ