宗主国であるイギリス

14 の例文 (0.01 秒)
  • 自由インド仮政府軍はインドの宗主国であるイギリスに対して戦闘を行った。
  • 宗主国であるイギリスの絞首台とほぼ同一のものである。 ...
  • しかし、歌の冒頭の支配者を意味する語が宗主国であるイギリスの王を指しているのではないかとして問題となったこともある。 ...
  • その頃、宗主国であるイギリスは戦争の苦境に立たされており、ここからの戦車の導入は困難であった。 ...
  • 一方、アメリカのトルーマン政権は東南アジア地域について植民地宗主国であるイギリスやフランスが責任を持つべきであるとし、同地域への介入には消極的だった。 ...
  • 戦時中にエジプトの父の会社は同地の事実上の宗主国であるイギリスによって敵性外国人財産として没収されていた。 ...
  • その後、ジャンガ・バハドゥルは宗主国であるイギリスがこの称号を地方藩主の称号としかみなしていないと知ると、新たに首相にして大王を意味する異例の称号「首相・大王」を与える勅令を出させ、以後歴代のラナ家首相がこの称号を名乗った。 ...
  • コモンウェルス加盟国のほとんどは南ローデシアに対して強硬な姿勢を取り、人種差別が撤廃されない限り独立およびコモンウェルス加盟を認めない立場を取ったため、宗主国であるイギリスもこれを考慮せざるを得なくなった。 ...
  • あるいは、とは、18世紀後半に北アメリカの13植民地が結束して宗主国であるイギリスの植民地政策に抵抗し、アメリカ独立戦争を経て、当時までほとんど常識であった君主制を離れて、アメリカ合衆国という共和制国家を成立させた一連の出来事のことである。 ...
  • 宗主国であるイギリスの言語である英語の番組を放送するチャンネルとして、翡翠台とともに1967年11月19日に開局した。 ...
  • いわゆる血債問題について準賠償を受けたマレーシアとシンガポールは、サンフランシスコ平和条約の時点では未だイギリス領であり、かつサンフランシスコ平和条約を調印した当時の宗主国であるイギリスが既に賠償請求権を放棄してしまっている。 ...
  • 翌1964年1月12日に起きたザンジバル革命によって王制は打倒され、ブーサイード家の王族は宗主国であるイギリスに亡命した。 ...
  • thumb|200px|right|ボストン茶会事件を描いたリトグラフ13植民地は、宗主国であるイギリスのグレートブリテン王国と植民地政策をめぐって対立する。 ...