委嘱初演

11 の例文 (0.00 秒)
  • 次に合唱とオーケストラのための作品の委嘱初演である。 ...
  • 創部30周年を記念して委嘱初演された「いまはそのとき」をクラブソングとしており、この曲を主に定期演奏会のアンコールとして歌うことが伝統になっている。
  • その後1986年2月の早稲田大学グリークラブの演奏会にて男声合唱版の委嘱初演がなされた。 ...
  • 「歌の世界」と題する委嘱初演を含むテノールリサイタルを定期的に開催、継続研究発表を行い出版へ繋げている。 ...
  • また、FIFAクラブワールドカップ2012での演奏や、明治神宮での高松宮殿下記念世界文化賞 奉納演奏、消防音楽隊との委嘱初演作品を演奏など 唯一無二の活動を続ける。
  • 現在24の合唱団を擁する「舫の会」の指揮者として、演奏会、コンクール、新作の委嘱初演など多方面に活動する。 ...
  • 委嘱作品にも積極的に取り組んでいて、2000年の第25回ではハビエル・ブスト「Stabat Mater」、新実徳英「音楽のとき-6つのワルツ」を委嘱初演した。 ...
  • 「オペラに生命を吹き込む」の制作プログラムには、メシアン『アッシジの聖フランチェスコ』のアメリカ初演、ヴァージル・トムソン『われらすべての母』と同様に、2005年10月1日に初演されたジョン・アダムズとピーター・セラーズへの委嘱初演作品『』が含まれている。 ...
  • 定期演奏会の最終ステージに据えられる6団合同演奏では、これまでに田中信昭、伊東恵司、藤井宏樹、斉田好男、清水敬一らを客演指揮者として招くほか、池辺晋一郎、松下耕、信長貴富らの委嘱初演を行っている。 ...
  • ・邦人作品の初演や発掘に積極的に取り組み、高昌帥「ユーモレスク」、「a Movement」、保科洋「寂燈」を委嘱初演した。 ...