委嘱作品

121 の例文 (0.00 秒)
  • プロの吹奏楽団のみならず教育団体・一般団体からの委嘱作品も存在する。
  • 更に年に数回は放送局独自の委嘱作品を初演する義務があり通常は公開され録音し放送される。 ...
  • レパートリーは古典からポップスまであり、過去には委嘱作品を演奏したこともある。 ...
  • 放送局や自治体などからの委嘱作品も数多く初演している。 ...
  • 委嘱作品を手がける傍ら、指揮者としても精力的に活動している。 ...
  • 岡山県中学校吹奏楽連盟40周年記念の委嘱作品として1998年に発表された。 ...
  • このソナタはデュティユーにとって、それまでの委嘱作品では許されなかった野心的で大規模な構想を実験する機会となるものであった。 ...
  • これまでの委嘱作品数は30を超え、出版や録音、再演に恵まれている曲も少なくない。 ...
  • オリジナル委嘱作品の演奏を中心とし、それによって、新しいレパートリー開拓に貢献しようとするもの。 ...
  • 翌年に委嘱作品として混声四部版も作られ、後に教育芸術社よりピース譜が出版されている。 ...
  • シベリウスはわずか4日後に新たな委嘱作品に取り組むべくローマへと旅立っている。 ...
  • 多くの国際作曲賞を受賞するほか、世界での委嘱作品を発表し、各種の現代音楽演奏会および音楽祭に出品している。 ...
  • ジェイコブは1966年に王立大学を引退した後も、主に委嘱作品の作曲を続けることで生計を立てた。 ...
  • 翌年は清水脩への委嘱作品『宮沢賢治の五つの詩』が委嘱の第1号となった。
  • 多くの場合ウィトゲンシュタインは委嘱作品にある程度の改訂を要求したが、コルンゴルトにはそうした要求は行わなかった。 ...
  • バーンズは、親日家・知日家としても知られ、これまでに数多くの日本の吹奏楽団からの委嘱作品を発表している。 ...
  • 同音楽祭とBBCの委嘱作品である。 ...
  • 次へ