委嘱シリーズ

8 の例文 (0.00 秒)
  • 交響曲は、日本フィルハーモニー交響楽団が日本の作曲家に対する作品委嘱シリーズの第1作として、1956年にパリ留学を終えて帰国した矢代秋雄に委嘱した作品である。 ...
  • 王子ホール委嘱シリーズを3年にわたり上演、自ら台本、作曲、指揮を担当する。
  • この委嘱シリーズでは新作だけでなく、テーマ作曲家自らが「影響を受けた作品」と、「注目している若手の作品」を含む選曲を担当する、という基本コンセプトがある。 ...
  • 交響三章は三善晃が日本フィルハーモニー交響楽団の邦人作品に対する委嘱シリーズ第4作として作曲した管弦楽曲である。 ...
  • 「日本フィル・シリーズ」は日本フィル創立期の1958年より始められた日本人作品の委嘱シリーズで、演奏会初演を前提とした日本音楽史上稀な委嘱制度である。 ...
  • メニンの唯一の吹奏楽作品であり、同じ委嘱シリーズによって他にもヴァージル・トムソン、ウォルター・ピストン、ハワード・ハンソンなどが初めて吹奏楽のために筆を執っている。 ...
  • イサカ大学コンサート・バンドから、長年同楽団の指揮者を務め1973年に亡くなったウォルター・ビーラーを記念するウォルター・ビーラー記念委嘱シリーズの第1作として作品の委嘱を受け、1947年に作曲していた自作の「管弦楽のためのフレスコ画 作品7」を改編して1974年に作曲された。 ...