好事家たち

25 の例文 (0.00 秒)
  • それから私は上級生の好事家たちにチェリイとあだ名されていた。 ...
  • D&Dは日本語での翻訳が開始される1985年以前より一部の好事家たちに注目されていたゲームであった。 ...
  • 今回はそうした好事家こうずかたちがライバルになるわけか。
  • ところが、寄ってきたのは僅かな好事家たちか、できるだけ苦労せずに報われたいと思うぐうたら者ばかりでした。 ...
  • すなわち、ルイ十四世はあの秘密が世間に知られることを見越して、好事家こうずかたちに古い秘密のもっともらしい説明を提供するために、この城館を建造し命名したのです。 ...
  • このために好事家たちは裏をかかれた。 ...
  • それは、遺物を訪れにやってくる参詣人や好事家たちの利用する茶屋であり、宿屋である。 ...
  • ライオンのような大自然の「王」が怯える姿や、サイを前にしたゾウが尻込みする様に17世紀の好事家たちは驚き、そして喜んだのだった。 ...
  • こうしてここを訪れる好事家たちも、大道寺家の宝物には失望したけれど、それらの宝物にもまして、すばらしい宝がこの家に埋もれているのを発見して驚いた。 ...
  • スミス船長は、それらのアマチュア好事家たちが相手なら、喜んで一人残らず締め殺したことだろう。 ...
  • 古本屋主人から閨房調査団の開会が宣言され、東堂の夜のコレクションが涎を流す好事家たちの懐中へ雲散霧消せんとしたその時、座敷に居ならんだ人々の携帯電話が音を立てた。 ...
  • 「公刊本では許されない性研究や資料を発表していく会員内研究雑誌は、だが商売にも結びついており、一山当てることを狙う珍書屋たちの群によって次々と、好事家たちを甘言で誘っていった」 本書で一番の見物みものは「予約限定会員制猟奇雑誌」がズラリと並べられているページだろう。 ...
  • エレジーとは『湯の町エレジー』のエレジーではなく異端とか邪説の意味で、あるいはフランス人に多い好事家たちをひっかけようとしてつけたタイトルなのかも知れない。 ...
  • 高歓に召されて并州にいたったとき、「晋祠記」の文章を書いたが、好事家たちはその文章を改変して遊んだ。 ...
  • 呉均の文体は美麗で俗気がなく、古風なものであったため、好事家たちがこれを真似して、「呉均体」といった。
  • 技正こと細工師正五郎は、三年に一度ぐらい、好事家たちを、あっと云わせる細工をつくってみせるのであった。 ...
  • なお「奇石」は江戸時代中期より、変わった石を愛好する好事家たちが集まって自慢のコレクションを披露しあう「奇石会」と呼ばれる交流会を催したことに由来するが、同館はその見た目や性質が素人目にも「不思議さや感動を感じさせる石」を奇石と定義しており、子供の目線でも十分楽しめるとしている。 ...
  • 次へ