好事家

全て 名詞
257 の例文 (0.00 秒)
  • ただ私はああいう本はやはり好事家に回してやるのが一番だと思うんです。 ...
  • その場には多くの好事家が集っており筆を執りあっての画会となっていた。 ...
  • 大井町おおいまちあたりの小さな劇場で一部好事家こうずかを対象に上映されそうなタイトルだ。
  • 弄山の死後七十余年経った今でも、彼の作品を収集する好事家は少くない。 ...
  • 販売網を持たない日本には正規輸入されていないが、好事家によって並行輸入されている。 ...
  • 一部の好事家からは評判が良かったが、売れ出すのはもう少し先のことになる。 ...
  • 好事家が、重箱の隅をせせるようにして面白がるといった類のものではない。 ...
  • 最近では西欧中の好事家こうずかひそかにソヴレムをおとずれているという情報もあってだね。 ...
  • 個人レベルでも、趣味の範疇で好事家が戸外で茶を点てる場合もある。 ...
  • 私は、好事家というものの感覚が少し見えた気がした。 ...
  • 古器古董も埋れているとみて買い歩き、京の好事家こうずかに売って暮しを立てていたのである。 ...
  • 日本では江戸時代の好事家が既に本作を読んでいた記録があり、大正時代にはこれを論じた論文も発表されていた。 ...
  • なんだ、好事こうず家が珍しい本を手に入れて悦に入っているのか、などと思わないでいただきたい。 ...
  • 私の目から見ても、そんな辺鄙へんぴなところまでわざわざ泊まりに行く好事家ものずきがあろうとは思われないのである。 ...
  • テレタイプを持たない一部の好事家が先走ってこれを購入し、後になってその点に気づいた例もあった。 ...
  • 好事家こうずかがもっとも大切にしているのは、品にまつわるゆかりです。 ...
  • 二月の初旬に偶然うま伝手つてができて、老人はこのふくを去る好事家こうずかに売った。 ...
  • 次へ