女軽業

59 の例文 (0.00 秒)
  • ここに巨人でもなければ、英雄でもない女軽業の親方お角さんがあります。 ...
  • 女軽業の親方お角さんは、今では伊太夫第一のお気に入りになっている。 ...
  • ちょうどこの頃城下はずれに女軽業の大一座が小屋掛けをして景気けいきを呼んでいた。 ...
  • 文字の示す通り、女軽業の看板としては勿体もったいない書風であります。 ...
  • 女軽業の美人連は興に乗って米友に毒口を利きました。 ...
  • その前は女軽業の親方に打たれましたが、女とはいえあの方は、ちっと薬が強うございました。
  • こうして女軽業の親方は、いつもこの暴女王ばっかりが苦手にがてなのです。 ...
  • これは女軽業の親方のおかくでありました。 ...
  • 米友にとっては、女軽業おんなかるわざのお角というものが苦手であるとは違った呼吸で、この道庵もまた苦手であります。 ...
  • 女軽業のお角に就いてはどうしたものか、ほとんど唯一と言ってよいほどに米友の苦手で、天下にこの女にばかりは頭が上らない。 ...
  • この勧進元の女こそ、女軽業おんなかるわざの親方のおかくであります。 ...
  • これは女軽業の棟梁とうりょうかくであります。 ...
  • 主膳としても、あの女軽業を見物に行った覚えのあることは確かだが、その一座の中の看板に、現在眼の前にいる怪物が、客を呼んでいたかいなかったか、そんなことの記憶までは残ろうはずもない。 ...
  • 椎の大木の下に倒れていたのは綺麗な女の子、女軽業の中でお君といって道成寺を踊る評判者、それがやはり役割と同じこと、死んだようになって倒れているのを見つけたものですから、わっしはそこで考えたんで。 ...
  • 女軽業おんなかるわざのお角は、いつもと同じような水々しさと、そらさぬ愛嬌を以て、ここへ現われたのには、さしものお銀様にとって意外の限りでないことはありません。 ...
  • それより三日目に両国の女軽業の見世物がけて、銀床に附ききりであったお角も、どうしても小屋へ帰らなければならなくなりました。 ...
  • 女軽業にしろ、見世物にしろ、女の腕一つで、一旗揚げようというのはともかくエライことでないことはない。 ...
  • 次へ