女侠客

16 の例文 (0.00 秒)
  • ああ、昔の女侠客はそういう場合どうしたか、私も講談で知ってはいる。 ...
  • 碁を打つ美女の妖怪とも、清廉なる者を助ける女侠客とも言われていた。 ...
  • 生縄いきなわのおてつという女侠客がそれなのだ。 ...
  • 激しい気性の女侠客を演じて大胆なヌードを披露し、イメージチェンジとなった。 ...
  • それに女侠客の連中が演説をする時代になると何だか世界が引っ繰返るような気がして、少しも面白くない。 ...
  • 代償性少女愛 この頃から吹上は、年上の女と少女との間をピンポン球のように遍歴するようになったが、一七歳のときに、若い衆好きで有名な五〇歳過ぎの女侠客のツバメにおさまった。 ...
  • 翌1973年の映画『日本侠花伝』では、打って変わって激しい気性の女侠客を演じ、大胆なヌードでも話題を呼んだが、東宝宣伝部や主要スタッフからヌードになるよう1ヶ月に渡り説得されるも拒否した。 ...
  • これ剣道の師の命令にそむき、女侠客の為に抑留されて、心ならずも堕落していた身から出たさび ...
  • また、女優としても活躍し、任侠映画の女侠客役で、1969年の日活『昇り竜鉄火肌』の主演を始め、映画にも多数出演。 ...
  • 有名な侠客には、火消しや職人、芝居小屋の座長などもあり、船宿や待合の女将などに女侠客と呼ばれる者もいた。 ...
  • 「夜の歌謡シリーズ」の途中に「緋牡丹博徒シリーズ」など女侠客ものや「スケバンもの」が各社で量産されたのも日本社会の変貌の反映を現し、強い女性を描くことが社会からの要請だったといえる。 ...
  • ほとんど実名であり、沖仲仕の生活向上のために小頭聯合組合を結成しようと運動して、吉田磯吉の四天王と呼ばれた岡部亭蔵の一派に狙われ三十数か所の刃傷をうけたのも、どてら婆さんなる女侠客の乾児から襲撃され危篤となったのも事実である。 ...
  • その後、一時筆を絶つが、芳文社の編集長・稲葉武太郎に請われ、1966年から大人向けの長編漫画として「女侠客物」を描き始める。 ...
  • この他、1969年に扇ひろ子主演・齋藤武市監督で『姉御』、1975年に渡哲也主演・深作欣二監督で『仁義の墓場』が、1988年黒木瞳主演・鷹森立一監督で『女侠客』が、それぞれ映画化されている。 ...
  • 奴の小万は、なにわの女侠客。 ...