奥まった一隅

10 の例文 (0.00 秒)
  • 私たちの席は壁ぎわの奥まった一隅で、隣の席の女性が注目をひいた。 ...
  • 奥まった一隅に押しこめられた日本人の一団には、この見たり見られたりの世界が、全然ないのだ。 ...
  • それからわたしたちが腰を落ちつけたバーの奥まった一隅には、わたしたち三人のほか誰も居合わせなかった。 ...
  • ナンバー6のテーブルはラウンジの最も奥まった一隅にあり、他のテーブルからも少し離れた位置にある。 ...
  • それは、銀座の輸入家具を扱う老舗の奥まった一隅に、ゆったりと置かれてあった。 ...
  • その後の数日間、わたしたち三人は街のレストランでうちそろって夕食を共にすることで満足していたし、水入らずの奥まった一隅が互いの孤絶を容易にしたその席で、わたしは折々、なかでもいちばん当り障りのない自分の権利をゆっくり味わったりしたのである。 ...
  • 雑居ビルの地階の奥まった一隅で、カウンターとテーブル席が三卓という小さな店だった。 ...
  • 加うるに、有明海の奥まった一隅で窒息しそうに受け取られがちな地方だが、実は幾多の河川の河口は水運の便がよく、川上川をさかのぼれば、三瀬みつせ峠を越えて、伊都国と奴国境の博多湾に容易に出ることができる。 ...
  • 広い遺跡の中の、奥まった一隅に立っているだけに過ぎないが、土塁、土柱、土壁が、累々と屍をさらしている。 ...